レントゲンの時、どうみてる?
 追記あり28年3月18日

 再追記(後半) 28年9月8日

 1、左右を撮ったのであれば必ず比べる




 最近は少なくなったのかもしれませんが、左右比べる事、つまり良いものと比べる事
 が大切です。
 



 皆さんの顔が違うように、骨も違います。




 教科書と比べても分かりづらいですからね。


b0213831_1130363.jpg



 2、線に注目する

 よく影という話がありますが、骨折に関しては、線に注目して頂きたいです。




 良く見ると骨は滑らかにカーブをしている部分が多いのです。

b0213831_11302729.jpg




 その滑らかさが乱れている所に異常(骨折)があることが多いです。



 また、古い骨折は、少し濃く白い線になる事が多いです。




 骨の結合力が強く、X線が通らないので濃い白の色で写されるのです。



 足首の写真は、骨折がないです。




 下腿骨骨折の写真(上の写真)はどこに骨折があるかわかると思います。



b0213831_11304950.jpg


 3、後から分かる場合もある



 よくある事何ですが、怪我をしてすぐにレントゲンを撮影して、医師の方が





 「骨には異常がないようですね」と判断し、痛みがひどいから、違う病院で再度レントゲンを撮ると、「骨折しています」と診断されました。



 
 どうしてなのかというと、レントゲンで骨折線と元から骨にある線が重なって写ってしまったり、関節近くの損傷の為はっきりと写らなかったりするからです。




 でも、後で診断した医師は「骨折」と言いました。




 これは、仮骨というのが発生したからです。分かりやすく言えば骨をくっつく為の接着剤です!




 時間が経過した為、骨髄から骨芽細胞(骨の元)が作られ損傷部位を覆ったためうっすらとモヤがかかるように写ったのです。


b0213831_1210284.jpg




 鎖骨の仮骨



 以上のようにご注意頂くといいかと思います。




 特に3つ目の後からというのは、最初撮っても、誤診と言う事ではなく、後日の方が確実なので、もう一度レントゲンを撮る事もあると思って頂きたいです。





 因みに、当院ではレントゲン施設はございませんので、宜しくお願い致します。



 つまだ整骨院通信No,23一部改正、追加



 追記

 保険制度が毎年厳しくなっております。

 整形外科に受診された方は紹介状が無い限り

 同じ患部を施術(治療)をする事は出来ません。

 その場合は保険外診療となり自費を頂きます事をご理解下さい。

 料金などはホームページまで


 http://tsumadaseikotsuin.jp








 つまだ整骨院がLINEの公式アカウントになりました!!

 以前からご提供していたメルマガの機能をLINEに!!


 ご登録は下記の友だち追加ボタンをタップして頂くか


 LINEの公式アカウントで「つまだ整骨院」と検索してみて下さい!!!

友だち追加数


 ・1対1トークでのお悩み相談

 ・ライムラインでの施術ご紹介

 ・休診など大切なお知らせをメッセージでお届け

 など、少しでも整骨院の事を知って頂けたら幸いです。




 つまだ整骨院


 厚木市妻田西2-10-3

 046-295-1541

 専用駐車場あり



 最寄駅 本厚木駅

 北口1番のバス停より10分

 最寄の停留所 妻田(妻田郵便局付近)


 地図の詳細は下記をクリックして下さい。




 PC用地図



 携帯用地図



b0213831_166064.jpg

[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2013-09-05 12:31 | 通信22~24 | Comments(0)
<< 1年あっという間・・・ 報告忘れがたくさん・・・ >>