<   2011年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧
ギックリ腰?
今回は、ギックリ腰を題材にして、説明していきたいと思います。当院でも、よく聞くのが

「日常の何でもない動作で、強い痛みが出るのはなぜなのか?」

「特にいつもと変わらない動きなのに、急に痛くなった。」など、
自分では痛めるような動きをしていないのに、痛めてしまう事があります。


さっきまで痛くなかったのに、なぜ急に痛くなるのか?それは、体と脳(神経)の
イメージの差があることが原因の多くであると考えています。


例えば、運動不足の方が、急に、運動会の時全力で走ると、足が空回りしてしまい転倒してしまう事のように、頭のイメージでは、分かっていることに体が反応してくれない状態だと、ちょっとしたことでもケガをしてしまいます。

当院の骨盤矯正の検査の時、どちらかの足の親指が、力が入らない事も同様です。ご自身では気づかない程度の事ですが、お身体には影響を及ぼすのです。


朝起きて顔を洗おうとした時、靴下を履こうとした時、軽い物を動かそうとした時など、ギックリ腰は日常の行動の中で起こり得るケガです。


ギックリ腰には、大きく分けて、2種類あります。一つは筋肉性のギックリ腰、
もう一つは関節性のギックリ腰です。





「筋肉性のメカニズム」
筋肉は関節を挟んで対称的に付着しています。片方が縮み、もう片方が伸びることで関節を動かしています。また両方が同じ力で縮むことで関節を固定しています。
綱引きをご想像してもらうと分かりやすいですね。力の差がある大人と子供が、綱を取れないようにして綱引きをしたら、どちらが負けてケガをするか分かると思います。
ただ、身体の中は見た目では分からないので、筋肉の綱引きは、疲労や神経系の異常でその差が出来てしまい、結果突然のようにケガになってしまうのです。


「症状」
ケガした瞬間から動けず、触るのも痛い状況になり、初期症状はとてもひどいが、
損傷した筋肉に負担をかけないように施せば、回復していき、治癒すれば、何度も繰り返すものではありません。




「関節性のメカニズム」
関節の辺りには、細かい筋肉や靭帯がたくさんあります。筋肉や神経の不具合、また日々の姿勢で関節が少しずれてしまい、それにより傷つけ、痛みを出す場合が多く、傷病名がつくことが多いです。
(例)椎間板ヘルニア、分離症、分離すべり症、仙腸関節炎等

b0213831_2110380.jpg

真ん中の三角形の骨が仙骨、両側のハートのような骨が腸骨、その合わさる関節を仙腸関節といいます。

症状が様々なので、今回は当院で一番診ている仙腸関節炎を説明したいと思います。骨盤の関節は簡単にいうと3つに別れています。左右の腸骨と真ん中の仙骨です。その2種類の骨が作る関節を仙腸関節といいます。その部分には靭帯が
たくさんあり、お尻の筋肉の緊張等により、関節で靴ずれのような傷を作ってしまい、その傷が腫れて、また擦れるという悪循環を起こし、激痛に変わります。



自覚症状は、 「何か変に重いな」から始まり、いつの間にか、立つ時や前に
かがむ時に痛みを覚え、ひどくなると物に捕まらないと立てない、寝返りも出来ない状態になります。また、お尻の緊張が強すぎると一瞬にしてひどい状況にもなります。




筋肉性と特に違う点は、真っすぐ立ってしまえば、意外と楽に歩けてしまう事です。もちろん、傷がありますから、痛みは少しありますが、動けないという感じではなく、
動き始めがとても辛いという訴えが多いです。なぜなのか?
 関節に傷があるので、そこを動かさなければ、強い痛みはこないのです。
ですから、患者様の訴えは「立ってしまえば動ける」、「起き上がる時がすごく痛い」
「朝の動き始めが痛い」等、条件がある事が多いです。



筋肉性も関節性(仙腸関節炎)も、患者様自身気が付かない間に、痛みが出る直前まで進行していき、突然痛みとなって出てくるのです。


完璧な予防法は、なかなかありませんが、ご自身の身体に敏感になってもらうといいと
思います。「以前より身体が堅くなった気がする」とか「いつもしている動作が辛い」など、おそらく前触れがあると思います。


(つまだ整骨院通信No,3より抜粋)
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-04-29 15:33 | 通信1~3 | Comments(0)
ブログ師匠
b0213831_14384591.jpg

親友Mのお兄で、昔からお世話になっている先輩っす。



魚屋三代目日記という人気ブロガー\(^o^)/



今日は、ブログを観やすくする為、勉強っす





頑張ります…( T_T)
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-04-29 14:38 | 交友 | Comments(0)
外食の後は…
b0213831_16345584.jpg

寝る前にとうがらし梅茶


飲むきっかけは、群馬に仕事で行ってる親友からのお土産。今は、患者さんにも頂いています。いつもありがとうございますm(_ _)m



外食に行くと、基本的には相手の食べたいモノを食べるので…




これで、カロリーが消費する訳ではないとは思いますが、身体を温めお風呂に入り汗を出します。



冷え性の方にはいいかも




違うバージョンでコラーゲン入りもあります。



コラーゲン大好物のウチのスタッフはコラーゲン入りを飲用してます。
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-04-28 16:34 | ダイエット企画 | Comments(0)
手抜き自炊
b0213831_22383514.jpg

今日は、手抜きです。



チキボーンとレタス

オクラ炒め
(ゴマ油と塩)

タケノコ
(親友のお母さんの手作り)
ごちそうさまですm(_ _)m


ご飯は180グラムです。


これを、みそ汁→野菜→肉→ご飯の順番を守り食べます。


早食い防止の為、この順番で食べるようにしてます。


みそ汁で流し込まないで下さいね。
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-04-25 22:38 | ダイエット企画 | Comments(0)
本日は休診
b0213831_959292.jpg

b0213831_95921.jpg

今日は友人の結婚式の為休診とさせて頂いております。

僕がスピーチをする時は90%雨です…


また今日も…
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-04-23 09:59 | お知らせ | Comments(0)
腱鞘炎 腱損傷
直接的な外力(交通事故、スポーツなど)や反復的な捻挫(何回も同じ動作)
により、腱や腱鞘に損傷、炎症を起こす事です。



「腱」とは、筋肉が、骨に付く為に細く堅くまとまったもので、同じタンパク質からなるものです。筋肉とは違い、腱単独で、あまり伸び縮みはしませんが、筋肉が動くと、
その動きに合わせて堅くなったり、柔らかくなったりします。
つまり、筋肉の力を関節(骨)に、伝える重要な働きをしているものなのです。



動きを筋肉に依存するので、その筋肉が疲れていたり、神経の繋がりが悪く反応が悪かったりすると腱に負担がかかり、痛めてしまいます。
例えば、疲れていない状態で、身体を動かそうとした時に、引っ張られる感じだったり、力を入れようとしても上手く入らない感じだったりするのは、筋肉と腱の関係性が崩れていることが多いのです。
b0213831_13293455.jpg


↑腱が動いてもずれない様に、腱鞘がトンネル状になり止めている。



「鞘」とは、(さや)と読み、刀のサヤの字です。つまり、腱がずれない様に、止めておくものです。何度体を動かしても、腱や筋肉は同じところに戻りますよね?
それは、曲げたり、伸ばしたりする関節部分にいくつもの鞘があり、腱をずれないように止めているのです。



「腱鞘炎」は、同じ場所に繰り返し負担をかけることによって、腱は、肥厚し(筋肉と同じように刺激により太くなる)鞘は、肥厚した腱により、摩擦し炎症(熱を起こす)することです。その炎症をそのままにしておくと、痛みが強くなり、腱は強くなろうと異常な形で太くなり、鞘に引っ掛かるようになります。これを「バネ指」と言います。
b0213831_1330198.jpg


バネ指は腱鞘炎のひどい状態だと思って下さい。上記で述べたように、炎症を放っておくと腱に変性をもたらします。また、患者さん自身の全身症状によっては、一度の炎症でなる場合もあります。
例)膠原病、リウマチ等、身体に炎症をもたらす症状。


対処
患部を触って熱を持っている時はもちろんですが、熱が中だけにこもっている場合もありますので、
アイシングをして頂きたいと思います。

むやみに、グリグリ押してしまうと傷つく場合がありますので、出来るだけ触らないようにすると良いです。
なお、冷やし方については以前の記事をご覧ください。



(つまだ整骨院通信No.2 一部追加)
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-04-22 13:34 | 通信1~3 | Comments(0)
GWのお知らせ
4月29

5月3,4,5

GWは日曜祝日ともに休診のカレンダー通りの診療となります。m(..)m




その他、お知らせは下部にあるカテゴリ⇒お知らせを開くと見れます。
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-04-20 21:27 | お知らせ | Comments(0)
返り咲き
昨年当院のお花から、株分けした患者さんより




「無事咲いたよ」



と、ご報告。





b0213831_18212278.jpg


フリージア

(写真が下手くそですみません)


とても、いい香りのお花です。



わざわざ、ありがとうございました。
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-04-19 18:24 | ひとり言 | Comments(0)
ある日の晩御飯
おはようございます。
本日は、午前中天気が悪く、少し時間が出来ましたので、僕のダイエット食を紹介します。



どうしてもお肉がたくさん食べたい時に作ります。




鶏団子スープ


b0213831_10531023.jpg



この日は、前日に野菜サラダが少し余ったので、鶏団子と一緒にスープにしてみました。



僕の鶏団子の作り方は簡単です。
<作り方>2人分
鶏挽肉・・・・・・200グラム

はんぺん・・・・・1枚

生姜チューブ・・・10センチくらい

刻みネギ・・・・・お好みで(僕は長ネギ5センチくらい)

上記をジップロックやビニール袋に入れてよく混ぜて揉みます。

以上っす。



簡単ですよね(^^)/


今回は、生姜と野菜を水から煮出したスープに白だしを少し足しました。

お肉だけどヘルシーですよ!



では、また
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-04-19 11:21 | ダイエット企画 | Comments(0)
冷やし方
氷のう、アイスノン、保冷剤など直接温度をさげる物で、15分~20分くらい痛いところに当てる。痛みが強い時は、2~3時間おきに繰り返すと良いと考えています。



いわゆる冷湿布はスーッとするだけで温度は下がりません。
正式名称は「冷感湿布」といい、メントール(歯磨き粉などに含まれる)で表面が冷えている感じがするだけなのです。

例えば、ペットボトルに湿布を貼って、中身が冷えると思いますか?

冷蔵庫が壊れました。中にあるお肉に湿布を貼って冷えると思いますか?


鎮痛薬の成分が入っているので、痛みに対して効果はありますが、熱を取る(温度を下げる)意味では、直接冷やした方が効果は上がります。




冷えと冷やし(アイシング)は違います。
体を冷やすのは良くありません。温める事を否定している訳ではなく、冷やす事も必要なのだと理解して頂けたらと思います。




冷え性の方は身体を温かくして、痛いところを冷やして下さい。冷やす事で痛く感じる場合は、凍傷、レイノー病などの場合もあるので無理に続けないようにして下さい。




(つまだ整骨院通信No.1 一部追加)
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-04-15 10:27 | 通信1~3 | Comments(0)