<   2011年 05月 ( 46 )   > この月の画像一覧
この前の試合
22日の格闘技の写真が送られてきました。
(会場は写真禁止)




b0213831_2324049.jpg




頑張ってほしいっすね。






昨日は、格闘技をしている患者さんが5人!






見た目は・・・・っすけど、優しい人達っすからね(笑)
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-05-31 07:36 | 交友 | Comments(2)
弱音なんか
言いたくないですが・・・





最近、いい話もありますが、悪いお知らせも多いっす。







親父の入院、手術、










先輩の友人で「また、飲もう」と約束した方の訃報、









実家の犬(14歳)が倒れ永眠・・・







そういう話を聞くといつも





「何か出来なかったのか」




と思う。






僕の力では、何も出来ない事は分かってる・・・







でも、何か助けになるなら「何か」をしたい!









人によって幸せは違うと思う。苦しみも・・・









すべてを解決出来る事なんてないし、きれいな物ばかりではないとも思う。









ほんの少し前に進む勇気を与えられたら・・・









そんな人間になれたら・・・・



b0213831_17102558.jpg

(結構前に撮った湘南の海)

たまには、色んな事心配して





悩むのもいいかな!
(基本ポジティブなんで)








さぁ、明日はそれもパワーにして!




頑張ります!
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-05-30 23:19 | ひとり言 | Comments(0)
若い頃からの
昨日の夕方




昔からお世話になっている先輩が・・・




ぎっくり腰!





僕の治療の研究の為に、体をずっと貸してくれている先輩Aさん。





色んな意味で、師匠でもあります。




10年前から





自分のレベルを上げたくて





きちんと仕事をしたくて








飲みながら、仕事もプライベートも相談にのってくれてます。





悩みがなさそうな僕もたまには、相談するんですよ!(笑)







有言実行の先輩Aさんは、某テレビ局の取締役になったり、鮎祭りの前夜祭を仕切ったり・・・etc






住んでる世界が違うけど、なぜか長く一緒にいます。






あっ!




今トイレで流している「東日本大震災応援ソング」のプロデューサーでもありますね。
(夏は、節電の為トイレの曲は一時辞めようかと・・・)






今も、何か整骨院で新しい事をしたくて、相談してます。








時間外で診たお礼にと・・・






焼き肉


b0213831_16105293.jpg



旨いとこにも詳しい先輩Aさん


b0213831_1612502.jpg


これはタン塩


お肉屋さんが、経営している焼き肉なので、かなり新鮮


b0213831_16141419.jpg




下駄カルビが旨いっすよ。(奥のやつです)


b0213831_16181584.jpg



一番旨かったのは、大山地鶏!(鳥好きなもので)






ごちそうさまでした。(しかも運転すいません)










もう少し、色々頑張ってみようと思えました。








さぁ、今日は、駅近くに和食やさんが、オープンするのに関係者のレセプションパーティー!
(僕を呼んだから、大雨っすね)







本当は気分転換にゆっくり息抜きしようと思ったんですが





新しく頑張る人の力をもらってきます(笑)
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-05-29 16:39 | 交友 | Comments(0)
ムチウチ損傷
ムチウチは、追突事故などで頸椎が「むち」のように、過屈曲の後、過伸展して起こる頸椎損傷の総称である。


ムチウチの症状には4種類あります。(柔道整復理論参照)

1、頸椎捻挫型
ムチウチ損傷の軽度なもので、約80%を占めるものです。
胸鎖乳突筋、前斜角筋、僧帽筋、菱形筋、大胸筋など首のまわりにある細かい筋肉が損傷されたり、頸椎間の捻挫による靭帯が損傷されたりと上記の「寝違え」と症状が似ています。重度のものだと頭痛や手のしびれ、脱力感を併発します。約3週間で回復するものが多いが、数か月掛かる症状もあります。



2、頚部交感神経症候群
頸椎損傷の際に頚部交感神経および椎骨動脈が障害され、頭痛、めまい、耳鳴り、視覚障害、手のしびれ、夜間の痛みなど様々な不定愁訴を主体とします。
レントゲンやCTの画像、治療する人間にもはっきりとした判断材料がなく患者様自身の訴えをもとに治療するしかないのでとても時間が掛かります。



3、神経根型
頸椎の捻挫によりズレが生じ、神経根を圧迫し頸椎から手の先まで神経症状が出ます。咳やくしゃみで症状が悪化し、知覚異常やしびれ、筋力の低下など重篤な症状が出ることもあります。頸椎ヘルニアの症状に近いものです。



4、脊髄型
頸椎の脱臼を合併した場合脊椎の中にある脊髄を損傷します。
特に上部の脊髄を損傷した場合、横隔膜(おうかくまく)の神経が不能になってしまい、死に至る事もあります。


上記は教科書的なので少し解説させて頂くと


(1)はいわゆるムチウチと言われる症状です。寝違えと同様の治療になり、多くの人が回復致します。


(2)はムチウチの中でも治療が難しいと言われています。どの検査でも明らかな結果が出ないのに患者様の訴えはとてもひどいものが多く、どうしても治療が慎重になります。


(3)(4)は事故の直後から症状が出てきてしまい、どちらともMRIなどの精密な検査が必要となり、特に(4)は生命に関わる事が多い症例になります。


典型的なムチウチ損傷についてご説明させて頂きます。

頸椎は7つの椎体(骨)から成り立っています。ムチウチでは上から数えると1,2,7番の椎体が歪む事が多いです。

1番の椎体は環椎とも言われ、リングの形をしています。

2番の椎体は軸椎とも言われ1番のリングを刺すように関節を形成します。

イメージ的には2番の椎体に乗っかるようになります。頭がい骨がボール、第1頸椎がリング、第2頸椎が軸の棒だと思って下さい。
この状態で鞭のようにしならせたら、どうなるかご想像できますよね?


頭がい骨と第1頚椎がズレることもありますが、1番ズレが生じるのは第1頸椎と第2頸椎です。その間には重要な血管や神経が通っています。その大事な関節がズレたままになってしまうと上記でご説明した症状が出やすくなります。


第7頸椎は身体と頭を繋ぐ部分です。機械でも道具でもそうですが、どうしても繋ぐ部分というのはズレやすく、一度緩むと安定するには治療が必要です。


事故の損傷というのは、自分の力で損傷したものと違い、外力が強い為、安定しにくくいので、いわゆるクセにもなりやすいです。しっかりと治療する事をお勧め致します。



b0213831_1217112.jpg




第1頸椎と第2頸椎の関節の成り立ちです。軸を形成する第2頸椎にリング状の第1頸椎が乗っかるように関節を作ります。左右を向く時にとても重要な関節で、リングが回転するように動きます。
軸とのバランスが崩れていると上手く回転せず、ひっかかる感覚が残ると思います。



(つまだ整骨院通信No,8より一部改正)
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-05-27 15:35 | 通信7~9 | Comments(0)
通信の絵
通信の絵は、あるカフェで出会ったマンガ家さんに書いて頂きました。




他にも・・・






b0213831_18173089.jpg





こんなに可愛く書いてくださいました(笑)

坊主の時に書いてもらいました。パンチじゃないですからね(汗)





少女マンガを書いている人なので、本物より良く書いて下さったんでしょうね!






ありがとうございます!
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-05-27 09:06 | 交友 | Comments(0)
寝違え!
「寝違え」
皆様もよく症状名は聞いたことがあるかと思いますが、まずどんな状況の症例か説明していきたいと思います。


僕ら柔道整復師が使う教科書には、「長時間不自然な姿勢をとったり、寒冷にさらされたり、疲労した時などに不用意に首を捻ったり、肩甲骨を動かしたりした時に起こる一過性の筋炎である」と書いてある。


・・・・・気づきましたか?


寝違えは、寝て起きた時の痛みの事だけを指すのではなく、寝ていなくても、上記の条件であれば、寝違えというのです。

また

「頸椎の退行性変化を基盤に起こるものや炎症性疼痛(えんしょうせいとうつう)の場合もある。」

というあとがきもあるが、簡単にいうと筋肉や靭帯、頸椎の変形によって急に痛みが出ることを指します。


つまり、寝違えとは、急に痛くなり首や肩甲骨の動きに制限が出ることをいうのです。
それが、骨、靭帯、筋肉のどこが悪いか分からなくても「寝違え」と判断できるのです。
よく、初診の方に「急に首が痛くなって動かないのですが、寝違えですか?」と聞かれますが・・・


ここまで読まれた方はわかりますね。



そのとおりです。



基本的には、炎症なので、冷やして安静にするのが初期治療になります。
状況により、当院の治療は変わってきてしまいますが、骨盤も矯正致します。
想像すると分かると思いますが、首がビルの最上階だとすれば骨盤は、土台です。
土台が曲がっているとすれば、最上階はグラグラし安定しません。
土台が安定すると最上階の首に負担が少なくなるのです。


当院の治療では、電気治療で背中、首の筋肉を緩めたり、テープで筋肉のサポートをしたりと重症度により変わりますが、患者様自身ではどうされるとよいかをお話します。


上記の通り、つらい時は15分~20分くらい冷やしながら休まれるのが望ましいです。
よくやりがちなのが、少し良くなってくると首を動かしたり、ストレッチをしたりしてしまう事です。実は症状を良くするどころか悪くしてしまう可能性があります。

筋肉を痛めているのに、その筋肉を大きく動かしてしまうのはリスクの高いことなのです。傷がある筋肉を動かすことは、切れかかったゴムを引っ張るのと同じです。
やり過ぎれば、完全に切れてしまいます。


後少しで痛みが取れそうな感じの時ってありますよね?


そんな時は首ではなく、肩を動かすことをお勧めします。
直接、首を動かすのではなく肩から血液を送るイメージで、ゆっくりと動かし、決して無理には動かさない事、限界のところで20秒止める事です。

動かし方は、腕を後ろに伸ばす、腰に手を当てて肘を開く、手を前から上げるなどをすると良いと思います。ストレッチの時にも述べましたが、この時首を傾げたり、背中を丸めたりしないで、いい姿勢でやるようにして下さい。


(つまだ整骨院通信No,8より一部追記)
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-05-26 11:38 | 通信7~9 | Comments(0)
ダイエットランチ?
まずは、前の僕を知らない方も居られると思いますので





一年でどのくらい痩せたかというと





なんと!






12キロ



ジーンズのサイズでいうと


マイナス






6インチ




無理した訳ではないです。





いつもランチは、隣の居酒屋「海門」さんで頂いています。





ある日のランチ(日替わり)


b0213831_23422320.jpg


「ピリ辛チキン丼」


つまだ整骨院通信No,21の中にも書きましたが


朝食はあまり食べないのですが、お昼はしっかりと頂きます。


その時には、スープものを必ずとり、そのスープにご自身が辛いと感じるくらいでいいので、一味唐辛子を入れます。



これだけ!

これを今でも続けています。


上の写真を見ると食べる事を、我慢してないですよね?




まぁ、他にもあるんですけどね。




ではまた(^o^)/
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-05-26 10:03 | ダイエット企画 | Comments(0)
認知症には・・・
指先を使いながら、脳を活性化





という事で・・・





「知恵の輪」

b0213831_1284495.jpg



今は、キャストパズルっていうんですかね・・・




とりあえず、自分が出来ない物を人にやれというのは、嫌いなもんで!


挑戦!


うーん・・・




あ~~!



(20分経過)





よし!


b0213831_1344694.jpg




はずれたぁ~




あっ戻せないかも・・・




あ~~




うーん




はぁ(泣)





出来た・・・



b0213831_138417.jpg



腱鞘炎の方で、熱中しちゃう方は、大変かも・・・


あぁ、頭痒くなったな。



いいかも!



(所要時間45分)
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-05-25 11:10 | ひとり言 | Comments(0)
頭痛の対処
頭痛の種類(メカニズム)は色々説明致しましたが、複雑なので痛み方を中心にして対処を考えて頂きたいと思います。

頭痛は体を温めると楽になる緊張性頭痛が一番多いですが、逆に体を温めると辛くなってしまう片頭痛(偏頭痛ともいうが、医学的には片頭痛)もあります。また複合型でどちらも当てはまる患者様もいらっしゃいます。



頭痛とともに、めまいや吐き気を起こす時や突然痛みが起こった時は冷やして、部屋を暗くして横になるのが一番の対応だと思います。
動けない程ではないが、何日も続くような緊張性頭痛は基本的に血行が問題なので、体をほぐしたり、温めたりすることが対応としては適切だと思います。

当院では筋肉の緊張をとるために骨や関節を動かすように治療していますが、皆様がご自身でやる為には運動(ストレッチ)が一番だと思います。日本頭痛学会でも運動をお薦めしています。当院が考えるのは肩甲骨まわりの筋肉、僧帽筋が大きな原因になると考えています。肩甲骨は日常生活ではあまり動きません。

肩甲骨が一番動くときは、手が視界から消えるような動きをする時です。体と顔を正面にしたまま、手を視界から消してみて下さい。肩甲骨が動くのが分かると思います。そのような動きを中心に動かして頂けると良いと思います。

温め方も乾性の物(ホッカイロ等)ではなく湿性のもの(お風呂、おしぼり等)で温めると血管も早く拡張しやすくなります。


片頭痛の方は、運動や入浴で、痛みを増進させてしまう場合もありますので、ご自身の体調を見て判断して頂きたいと思います。


冒頭でも述べましたが、頭痛はとても難しい症状です。当院が言うことだけがすべてではありません。病院での検査も重要ですし、薬が必要なものもあります。
皆様の考えのお手伝いが出来たら幸いです。



また、只今モニターをしている「水素水」は、効果があるという声が多いですが、もう少し研究をしていきたいと思います。



(つまだ整骨院通信No,7より一部訂正)
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-05-25 11:07 | 通信7~9 | Comments(0)
ニョッキ!
患者さんのお子さんがニョッキを気に入られたそうで・・・



「簡単に作れますか?」




親友M(コック)のレシピがあったな・・・・





あれっ、ない・・・・・




でも作ると約束したので

「ニョッキ~カルボナーラソース~」

b0213831_0105524.jpg



まずは、ジャガイモと薄力粉を用意


b0213831_0122316.jpg



ジャガイモをラップに包んで軽くレンジ3分


細かく切ったら



b0213831_01495.jpg



茹でます!竹串がささるくらい(竹串がなかったので箸)


その間に粉を用意


b0213831_0162499.jpg



ジャガイモ一つに対して50グラムくらいですかね・・・



茹であがったら少し水分を飛ばします。


b0213831_0181358.jpg



それをマッシュして、少しずつ薄力粉を


b0213831_020451.jpg


b0213831_0234385.jpg




あっ!

ナツメグ入れてたなぁ(親友Mが見たら怒るだろうな・・・)



b0213831_0261054.jpg



良く混ぜていくと、手から少し離れ始めます。硬さは耳たぶ程度に

b0213831_0282646.jpg


これを少しずつ手で丸めて、フォークを押し付けます。

b0213831_0301247.jpg


これを熱湯で2分くらい茹でれば出来上がり


b0213831_036758.jpg



ソースは「カルボナーラ」


b0213831_0371324.jpg


作り方は適当なんで・・・(省略)



出来上がり!


b0213831_040485.jpg


ちょうど、結婚報告&新生活用意の為に来ていた高校時代の親友Tも写メ


b0213831_043335.jpg




さぁ、食って出かけるぞ!(所要時間35分)
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2011-05-24 23:54 | 料理 | Comments(0)