バナー病
 頻繁に痛くなり心配な方へ


 病名と箇所、どういう子どもが多いかをご説明していきますので、それを判断基準にしてい頂けたらと思います。
 成長痛というのは、実は場所がある程度決まっております。


 それぞれに名前が付いていて、気をつけないと障害が残るものもあります。




 バナー病

 成長期の子供に発生する肘の骨の病気です。
 

 特に少年野球をやる子がなりやすいので、野球肘やテニス肘などと勘違いをしやすいので経過をみる事が大切です。


 まったく使わないようにしているのに痛みが強くなるようだと心配です。

 


 整形外科などで運動をストップするのは、まずこれを疑って治療をするからと言われています。




 当院でも、野球をしているお子さんには気をつけていますが、経過を診ないと分からない事も多いので、疑いがある時は再度ご説明しています。




 つまだ整骨院通信No,19一部改正
[PR]
by tsumadaseikotsuin | 2012-04-03 19:47 | 通信19~21 | Comments(0)
<< 頂いたネギ ポスター >>