人気ブログランキング |
格闘技イベント
1日よりお腹の調子が悪く、ちょっと遅れましたが、格闘技イベントの記事をアップします。


b0213831_21232993.jpg



今回当院に通われている選手は2人でした。


仕事と練習の調整の中の出場でしたので、お二人とも残念な結果でしたが、挑戦するパワーは凄い!



格闘技というと少し怖いとか野蛮なイメージがある方もいると思います。


僕も会場の人たちを見てそう思いました・・・・。




会場へ入ると、入口には東日本大震災の募金箱があり、この日の興行収入の一部を義援金として送るなど、積極的な動きや選手の中には、ご自身のお父さんがガンの闘病中で、元気づける為に出場したという方も・・・・




勝負の世界に触れ、不器用ながらも自己表現をする事の大切さを考えされました。


b0213831_2148024.jpg




僕には治療家としての夢があります。
今はまだ実現出来ず、口にも出せませんが、いつか皆様にお伝えし、提供出来るよう精進します。




選手の皆さんお疲れ様でした!!
# by tsumadaseikotsuin | 2011-05-04 21:56 | 交友 | Comments(0)
本日は
b0213831_12355074.jpg

格闘技の試合のサポートです。



当院にも治療にも来ている選手です。




見た目は怖いですけどね…





あっ人の事言えないっすね…
# by tsumadaseikotsuin | 2011-05-01 12:35 | Comments(0)
ギックリ腰?
今回は、ギックリ腰を題材にして、説明していきたいと思います。当院でも、よく聞くのが

「日常の何でもない動作で、強い痛みが出るのはなぜなのか?」

「特にいつもと変わらない動きなのに、急に痛くなった。」など、
自分では痛めるような動きをしていないのに、痛めてしまう事があります。


さっきまで痛くなかったのに、なぜ急に痛くなるのか?それは、体と脳(神経)の
イメージの差があることが原因の多くであると考えています。


例えば、運動不足の方が、急に、運動会の時全力で走ると、足が空回りしてしまい転倒してしまう事のように、頭のイメージでは、分かっていることに体が反応してくれない状態だと、ちょっとしたことでもケガをしてしまいます。

当院の骨盤矯正の検査の時、どちらかの足の親指が、力が入らない事も同様です。ご自身では気づかない程度の事ですが、お身体には影響を及ぼすのです。


朝起きて顔を洗おうとした時、靴下を履こうとした時、軽い物を動かそうとした時など、ギックリ腰は日常の行動の中で起こり得るケガです。


ギックリ腰には、大きく分けて、2種類あります。一つは筋肉性のギックリ腰、
もう一つは関節性のギックリ腰です。





「筋肉性のメカニズム」
筋肉は関節を挟んで対称的に付着しています。片方が縮み、もう片方が伸びることで関節を動かしています。また両方が同じ力で縮むことで関節を固定しています。
綱引きをご想像してもらうと分かりやすいですね。力の差がある大人と子供が、綱を取れないようにして綱引きをしたら、どちらが負けてケガをするか分かると思います。
ただ、身体の中は見た目では分からないので、筋肉の綱引きは、疲労や神経系の異常でその差が出来てしまい、結果突然のようにケガになってしまうのです。


「症状」
ケガした瞬間から動けず、触るのも痛い状況になり、初期症状はとてもひどいが、
損傷した筋肉に負担をかけないように施せば、回復していき、治癒すれば、何度も繰り返すものではありません。




「関節性のメカニズム」
関節の辺りには、細かい筋肉や靭帯がたくさんあります。筋肉や神経の不具合、また日々の姿勢で関節が少しずれてしまい、それにより傷つけ、痛みを出す場合が多く、傷病名がつくことが多いです。
(例)椎間板ヘルニア、分離症、分離すべり症、仙腸関節炎等

b0213831_2110380.jpg

真ん中の三角形の骨が仙骨、両側のハートのような骨が腸骨、その合わさる関節を仙腸関節といいます。

症状が様々なので、今回は当院で一番診ている仙腸関節炎を説明したいと思います。骨盤の関節は簡単にいうと3つに別れています。左右の腸骨と真ん中の仙骨です。その2種類の骨が作る関節を仙腸関節といいます。その部分には靭帯が
たくさんあり、お尻の筋肉の緊張等により、関節で靴ずれのような傷を作ってしまい、その傷が腫れて、また擦れるという悪循環を起こし、激痛に変わります。



自覚症状は、 「何か変に重いな」から始まり、いつの間にか、立つ時や前に
かがむ時に痛みを覚え、ひどくなると物に捕まらないと立てない、寝返りも出来ない状態になります。また、お尻の緊張が強すぎると一瞬にしてひどい状況にもなります。




筋肉性と特に違う点は、真っすぐ立ってしまえば、意外と楽に歩けてしまう事です。もちろん、傷がありますから、痛みは少しありますが、動けないという感じではなく、
動き始めがとても辛いという訴えが多いです。なぜなのか?
 関節に傷があるので、そこを動かさなければ、強い痛みはこないのです。
ですから、患者様の訴えは「立ってしまえば動ける」、「起き上がる時がすごく痛い」
「朝の動き始めが痛い」等、条件がある事が多いです。



筋肉性も関節性(仙腸関節炎)も、患者様自身気が付かない間に、痛みが出る直前まで進行していき、突然痛みとなって出てくるのです。


完璧な予防法は、なかなかありませんが、ご自身の身体に敏感になってもらうといいと
思います。「以前より身体が堅くなった気がする」とか「いつもしている動作が辛い」など、おそらく前触れがあると思います。


(つまだ整骨院通信No,3より抜粋)
# by tsumadaseikotsuin | 2011-04-29 15:33 | 通信1~3 | Comments(0)
ブログ師匠
b0213831_14384591.jpg

親友Mのお兄で、昔からお世話になっている先輩っす。



魚屋三代目日記という人気ブロガー\(^o^)/



今日は、ブログを観やすくする為、勉強っす





頑張ります…( T_T)
# by tsumadaseikotsuin | 2011-04-29 14:38 | 交友 | Comments(0)
外食の後は…
b0213831_16345584.jpg

寝る前にとうがらし梅茶


飲むきっかけは、群馬に仕事で行ってる親友からのお土産。今は、患者さんにも頂いています。いつもありがとうございますm(_ _)m



外食に行くと、基本的には相手の食べたいモノを食べるので…




これで、カロリーが消費する訳ではないとは思いますが、身体を温めお風呂に入り汗を出します。



冷え性の方にはいいかも




違うバージョンでコラーゲン入りもあります。



コラーゲン大好物のウチのスタッフはコラーゲン入りを飲用してます。
# by tsumadaseikotsuin | 2011-04-28 16:34 | ダイエット企画 | Comments(0)