冷やすの?温めるの?
当院では、よく話をしている事ですが、整形外科や整体、マッサージ(慰安)とは、違う考え方で当院は、治療しています。

「全身的には、温めるが、痛い部位、箇所は冷やす」


というのが、当院の考え方です。
なぜ、冷やすのか?いくつか理由があります。


(1)血流を留めることで、栄養の交換をさせる。また、内出血により起こる
二次的損傷を防ぐ。


(2)炎症を起こしているので、鎮静させる。(腫れを取る為)


(3)いい状態で保存し、回復をさせる。



(1)はイメージしやすいと思います。損傷部位の血流を遅くすることで栄養の交換の時間を長くし、内側の出血による圧迫も防げる為、損傷が最小限でおさまります。



(2)は、火傷を想像して下さい。熱を持つ事でそこを冷やそうと全身の体液を集めて、水ぶくれ(水腫)を作ります。ですから、冷やす手伝いをしてあげたいのです。
指を捻って腫れたら冷やしませんか?
なぜ、腰、膝を捻って痛めたら温めるのでしょうか?
確かに日本の民間療法で、温泉(湯治)というのがあるので、少し冷やすことに抵抗があると思いますが、上記で述べたように、全身は温めて、局所(痛い場所)は冷やして欲しいのです。




(3)は、牛肉、豚肉を考えてみて下さい。いい状態で保存する為に、冷蔵庫や冷凍庫に入れませんか?人間も動物も筋肉等は、タンパク質で出来ていますので、同じことが言えます。卵の白身もタンパク質です。温めると白く変性し固まります。筋肉を細かい(分子)レベルで見ると冷やした方が、メリットがあるのです。
トリガーポイントという治療法の中にも筋肉は27℃で一番回復しやすく、緩みやすいと考えられています。


(つまだ整骨院通信No,1抜粋)
[PR]
# by tsumadaseikotsuin | 2011-04-08 21:17 | 通信1~3 | Comments(0)
ブログ
ただ今、患者さんが一人もいませんので、ブログの説明をさせて頂きます。




僕より詳しい方が多いかもしれませんが・・・・(汗)




当院の目的としては、


整骨院の待合室にある通信(新聞みたいなもの)を携帯で見れるようにする事。


今回のような災害による計画停電のお知らせ、アクシデント等での休診など、電話で連絡出来ない場合の確認が出来る事。


このブログで、その力になれればと始めました。


通信の方は、カテゴリを増やして見やすく出来るように頑張ります。


下手くそなブログですが、何かの役に立てると幸いです。
[PR]
# by tsumadaseikotsuin | 2011-04-08 17:19 | ひとり言 | Comments(0)
治療理念
基本理念は関節(骨)を動かし、筋肉や靭帯等を柔らかくしながら、バランスを良くする事で、損傷部位を休ませ回復を促す治療です。
(筋肉は、ほぼすべてが骨に付着し、筋肉が縮んだり、伸びたりすることで、関節を動かしており、その逆説で、骨を動かせば、筋肉も動かす事になると考えています。)



筋肉は鍛えれば強くなるものです。裏を返せば、マッサージの様に刺激を与えれば与えるほど、堅く、そして耐性が強くなっていき、より強いマッサージを探す事になっているのではないでしょうか?
当院の考え方では、マッサージというよりも、関節を動かし、筋肉本来のバランスにすることで、動きを出す治療を軸に施術しております。



ストレスや疲労感は日常生活の中で気づかないうちに少しずつ溜ります。そのまま、放置してしまうと慢性的症状へと発展する可能性があります。自らの身体に敏感になっていただく程、病気は未然に防げます。当院ではその為のお手伝いをさせて頂けたらと思います。


(つまだ整骨院通信No,1より抜粋)
[PR]
# by tsumadaseikotsuin | 2011-04-05 22:47 | 通信1~3 | Comments(0)
お知らせ
b0213831_20135361.jpg

誠に勝手ながら、4月23日の土曜日は、友人の結婚式出席の為、休診とさせて頂きます。


また、被災地への要請の連絡がありました。
決定次第、またご連絡します!
[PR]
# by tsumadaseikotsuin | 2011-04-05 20:13 | お知らせ | Comments(0)
デザイン
b0213831_2371119.png

今、親しい友人に整骨院の新しいロゴを考えてもらってます。
[PR]
# by tsumadaseikotsuin | 2011-04-03 02:37 | ひとり言 | Comments(0)